IMPLANT
インプラント•オールオン4専門コラム

WEB予約WEB予約
mail
お問い合わせはこちら

インプラント後はMRIを撮影できますか?

2024年02月06日 []

インプラント後はMRIを撮影できますか?

インプラント治療を受けた後に、MRI検査を受けることはできるのでしょうか?この疑問は、インプラント治療を検討している方や、すでにインプラントを入れている方にとって、気になるところだと思います。

MRI検査は、がんや脳卒中などの重大な病気の診断に用いられる医療機器で、強力な磁気を利用して体の内部を撮影します。しかし、その磁気の影響で、体内に金属を埋め込んでいる場合には、MRI検査ができないという話を聞いたことがあるかもしれません。

では、インプラントは金属製の医療器材ですが、MRI検査に支障をきたすのでしょうか?この記事では、インプラント後のMRI検査の可能性と注意点について、詳しく解説します。

インプラントとは

まずは、インプラントとはどのようなものなのかを簡単にご説明しましょう。インプラントとは、歯を失った場合に、その代わりとなる人工の歯根を顎の骨に埋め込む治療法です。インプラントには、主に以下の3つの部分があります。

インプラント治療のメリットは、以下のようなものがあります。

インプラント治療は、一般的には以下のような流れで行われます。

インプラント治療は、高度な技術と経験が必要な治療法です。そのため、インプラント治療を行う歯科医師や歯科医院の選び方は、非常に重要です。インプラント治療を受ける際には、以下のような点に注意して、信頼できる歯科医師や歯科医院を探しましょう。

インプラント後のMRI検査の可能性

インプラント治療を受けた後に、MRI検査を受けることはできるのでしょうか?結論から言えば、 インプラント治療を受けても、MRI検査は可能です 。

しかし、その前提として、 インプラントに使用されている金属が非磁性体であること が必要です。非磁性体とは、磁石にくっつかない金属のことで、チタンやチタン合金などが該当します。

現在、ほとんどのインプラントには、チタンやチタン合金が使用されています。そのため、インプラント治療を受けた方の多くは、MRI検査に支障をきたすことはありません。

MRI検査は、強力な磁気を利用して体の内部を撮影する方法です。そのため、体内に磁気に反応する金属がある場合には、以下のような問題が起こる可能性があります。

これらの問題を防ぐために、MRI検査を受ける際には、身につけている金属製のものをすべて外すように指示されます。しかし、体内に埋め込まれている金属は、簡単に外すことができません。

そのため、体内に埋め込まれている金属の種類によっては、MRI検査ができない場合があります。例えば、以下のような場合です。

これらの場合には、MRI検査を受けることができないか、事前に金属を取り除く必要があります。しかし、これらの場合は、ごくまれであり、現在のインプラント治療ではあまりありません。

インプラント後にMRIの撮影が可能かは、事前に歯科医師によく相談するようにしてください。


エールデンタルクリニックでは経験豊富なインプラント認定医によるインプラント、オールオン4無料相談、無料メール相談を行っております。ご希望の方は、以下よりお申し込みください。

↑