IMPLANT
インプラント•オールオン4専門コラム

WEB予約WEB予約
mail
お問い合わせはこちら

オールオン6治療の流れについて

2024年04月15日 []

オールオン6治療の流れについて

こんにちは。練馬区大泉学園のエールデンタルクリニックです。今回は、歯を失ってしまった方に人気の「オールオン6」というインプラント治療の流れについて詳しくご説明します。

オールオン6とは、上あごまたは下あごの歯をすべて失った場合に、6本のインプラントを埋入し、そこに総入れ歯を装着する治療法です。従来のインプラント治療と比べ、少ないインプラントで済むため、手術の負担が少なく、治療期間も短いのが特徴です。

では、オールオン6治療の流れを見ていきましょう。

Step 1: 無料カウンセリング・検査

まずは、無料カウンセリングにお越しください。医師があなたの口腔内を診察し、CT検査やレントゲン検査を行います。この検査結果を元に、オールオン6が適しているかを判断し、治療計画を立てます。

Step 2: 手術前準備

オールオン6の手術を受ける前に、口腔内の清掃や感染症のチェックを行います。また、手術当日に備えて、一時的な義歯を作製します。この義歯は、手術後に装着する総入れ歯が完成するまでの間、使用します。

Step 3: インプラント手術

いよいよ手術当日です。局所麻酔または静脈内鎮静法を使用し、痛みや不安を最小限に抑えます。上あごまたは下あごに6本のインプラントを埋入します。手術時間は約1〜2時間程度です。

Step 4: 手術後のケア

手術後は、腫れや痛みが出ることがありますが、数日で落ち着きます。抗菌薬の服用や口腔内の清掃を行い、感染予防に努めます。手術当日から一時的な義歯を装着し、食事や会話が可能です。

Step 5: 総入れ歯の作製

手術から約2〜3ヶ月後、インプラントが骨と結合したことを確認します。そして、最終的な総入れ歯の作製に入ります。型取りや試適を繰り返し、あなたの口腔内にぴったりフィットする総入れ歯を完成させます。

Step 6: 定期的なメンテナンス

オールオン6の治療が終了した後も、定期的なメンテナンスが必要です。3ヶ月に1回程度、クリニックに通院し、インプラントや総入れ歯の状態をチェックします。また、毎日の口腔ケアを怠らず、インプラントを長持ちさせましょう。

以上が、オールオン6治療の一般的な流れです。オールオン6は、歯を失った方にとって、審美性と機能性を取り戻す画期的な治療法です。当クリニックでは、豊富な経験を持つ医師とスタッフが、安全で確実な治療を提供いたします。

歯を失って悩んでいる方、入れ歯の不満を感じている方は、ぜひ一度無料カウンセリングにお越しください。あなたに合った治療プランをご提案いたします。

練馬区大泉学園のエールデンタルクリニックは、西武池袋線大泉学園駅から徒歩5分の場所にあります。平日は18時まで、土曜日も診療しておりますので、お仕事帰りやお休みの日にもご来院いただけます。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。


練馬区大泉学園エールデンタルクリニックでは経験豊富なインプラント認定医によるインプラント、オールオン4無料相談、無料メール相談を行っております。ご希望の方は、以下よりお申し込みください。

↑