IMPLANT
インプラント•オールオン4専門コラム

WEB予約WEB予約
mail
お問い合わせはこちら

オールオン4は即日完成しますか?

2024年03月30日 []

オールオン4は即日完成しますか?最短の治療期間と注意点を解説

オールオン4は、歯を失ってしまった方に人気の治療法です。わずか4〜6本のインプラントで総入れ歯のような安定した義歯を装着できるため、見た目や噛む力が改善され、質の高い生活を送れるようになります。では、このオールオン4は果たして即日で完成するのでしょうか。本記事では、オールオン4の治療期間や注意点について詳しく解説します。

オールオン4とは、上あごまたは下あごの歯が全くない方に対し、わずか4本のインプラントで総入れ歯のような義歯を固定する治療法です。従来のインプラント治療では、歯1本につき1本のインプラントが必要でしたが、オールオン4では最小限の本数で済むため、手術の負担が少なく、治療期間も短縮できるのが特徴です。

オールオン4の手術は、事前の検査と準備さえ整っていれば、1日で完了します。まず、歯茎を切開して顎の骨に4〜6本のインプラントを埋入し、その上にアバットメントと呼ばれる部品を取り付けます。そして、あらかじめ用意しておいた仮歯を装着して手術は終了です。麻酔が切れた後は、その日のうちに帰宅できます。

オールオン4は即日入るのは仮歯

ただし、手術当日に装着する仮歯はあくまで「仮歯」です。オールオン4で最終的に装着する義歯は、術後の腫れが引いてからでないと作製できません。仮歯は見た目や噛み心地が多少悪くても、一時的に使用するものなので我慢が必要です。

仮歯を装着してから1〜2週間ほどで腫れは落ち着きますが、インプラントが骨と完全に結合するまでには3〜6ヶ月ほどかかります。その間は定期的に経過観察を行い、義歯の調整を行います。インプラントの安定が確認できたら、最終的な義歯の作製に入ります。

最終義歯は、歯科技工士が1本1本丁寧に作っていくため、完成まで1〜2ヶ月ほど時間がかかります。素材も見た目や強度に優れたジルコニアやハイブリッドレジンが使われるため、仮歯とは比べ物にならないほど自然で美しい仕上がりになります。

このように、オールオン4の治療期間は「即日」ではありませんが、従来のインプラント治療と比べればはるかに短いのが分かります。1日の手術で仮歯までは装着でき、術後半年ほどで最終的な義歯が完成する計算です。治療中の不自由さはありますが、その先には歯のない生活から解放された喜びが待っています。

とはいえ、オールオン4が適した治療とは限りません。上あごは骨の厚みが薄いため、インプラントを埋入しづらいケースがあります。また、糖尿病など全身疾患がある方は、インプラントの体内への定着が悪くなる恐れがあります。事前の検査でしっかりと適応を見極める必要があるでしょう。

オールオン4は保険適用外

また、オールオン4は保険適用外の自由診療で、治療費は総額350〜400万円ほどかかります。決して安くはないので、経済面での準備も必要です。とはいえ、噛む力の改善や見た目の向上など、オールオン4によってQOLが大きく改善されるのは間違いありません。

「すぐに終わる」と期待してオールオン4を始めると、途中で心が折れてしまうかもしれません。1日の手術で仮歯までは装着できるものの、固定式の最終義歯を手に入れるまでには数ヶ月の時間がかかることを理解しておきましょう。

治療期間や費用をよく検討したうえで、歯科医師とよく相談してオールオン4を選択することが肝心です。手術だけでなく、定期的な通院も必要になるため、時間的な余裕を作っておくことも大切でしょう。

オールオン4は、総入れ歯で悩んでいた方にとって夢のような治療法です。即日完成とはいきませんが、短期間で人生が激変するインパクトは計り知れません。事前の準備を整えて、オールオン4への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。


練馬区大泉学園エールデンタルクリニックでは経験豊富なインプラント認定医によるインプラント、オールオン4無料相談、無料メール相談を行っております。ご希望の方は、以下よりお申し込みください。

↑